Jujol Vistabella


前へ ページ 2 (2)
10 11 12
キリスト磔刑の祭壇

入口入って右奥にある、2.5X2.5Mの小さな正方形プランのキリスト磔刑の祭壇。対角線十字交差ボールト天井。一遍10Mの正方形プランに、四分の一の2.5Mの正方形を右隅に重ねることで、シンメトリーを崩し、空間に変化を生み出す。

教会中央部

教会中央部には、スパン6Mの柱から、天に高く16Mのフニクラー曲線の交差ボールトが架かっている。その交差ボールトから、さらに迫上がって曲面ボールトが4つ創られ、ジュジュールの独創的な空間となっている。

教会壁画

ジュジョールが自由自在に描いた、実のなったブドウをカラスが啄ばみに来ている図。日本の浮世絵版画を思わせる大胆な構図。この辺一帯のタラゴナの田園の風景の一コマを表現力豊かに描いている。

13 14 15
ゴシック風尖頭アーチ窓

窓の下部はプレコンブロックに透光性の白大理石が嵌め込んであり、教会内に柔らかな光が入る。上部尖頭アーチ部は、大天使の図柄のステンドグラスで、教会内に鮮やかに浮かび上がる。

 

教会祭壇

後陣部分で交差するボールトにより、アプスを造り、そこから3つの連なるカテナリー曲線ボールトで祭壇天井、壁をジュジュールバロックで派手に装飾する。

教会中央部交差ボールト

中央部交差ボールトからさらに迫上がって4つの曲面ボールトが出来ていることが良く分かる。これがこの教会独特の空間を生み出している。

16 17 18
入口2階部分

三位一体正三角形の蝋燭台。

シンボリックでシンプルなデザイン。

2階から教会中央部を見る

ジュジョールデザインによる吊下げ式照明。

カタツムリ廻り階段

不等辺多角形のカタツムリ廻り階段。屋上屋根まで続く。