SITGES の階段

 バルセロナ近郊の海岸リゾートマンションの改築。階段を上っていくことで、地中海の水平線が見えてくるというのがコンセプト。階段自体が機能と強さと美しさを 併せ持ったオブジェとなるようにデザインした。その結果出てきたアイディアは、カタラン茶室のカタランボールト丸屋根で使ったI鋼のガイドレールを発展させて、階段の形に合わせ、先にガイドレールフレームを造ることである。後は、その形に合わせレンガを積んでいくだけなので、その階段そのものの機能,強度を増し、さらに施工能率も上がる。

ホーム

1 2 3
1. 鉄工所に発注したカタラン・
   ボールトのガイドラインフレーム
   の設置。
2. ガイドラインフレームの設置
 完了。
3. 曲面に沿って4cmの薄い
   レンガを積んでいく。
4 5 6
4. 階段ステップは、標準サイズの
   構造用穴あきレンガ(9x13x27)
   をモルタルで固めていく。
5. モルタルが乾いたら上へとレン      
  ガを積んでいく。
6.  レンガは目地が合わない様に
    積む。
7 8 9
7. 鉄骨のガイドフレームで補強さ
  れたカタランボールトの階段。

 

8. 石膏塗りの上に白ペンキ仕                  
  上げ。蹴上げ踏み面は厚3cm
  の樫材。
9. 木製手すりにガラスをはめ込                                                                    
  み、地中海の水平線を臨む機
  能、強さ、美しさを兼ね添えた
  階段の完成。